東日本の脳ドッグについて


東日本の脳ドックの施設の特徴

東日本における脳ドックができる施設の特徴というのは、MRIやMRAなどの最新機器が設置されていることを上げることができるでしょう。これは西日本における脳ドックができる施設の特徴と変わりません。東日本、西日本同様に、MRIやMRAなどの機器を使って、脳の中の断層写真や立体写真を撮影し、脳梗塞などの脳の病気の危険因子がないか調べます。また多くの施設では、脳だけではなく、他の部位の検査もできる最新設備が設置されている場合は少なくありません。そのために人間ドックに合わせて脳の検査を行う場合も多いです。

脳ドックは、日本脳ドック学会のガイドラインがあり、それに準じて検査が行われていくことが多いです。ガイドラインでは、医師の問診から始まり、採血、採尿、脳MRI・MRA、頸動脈エコー、頸部MRI、血圧、心電図、身長・体重身体測定を行うことになっています。そして最後に医師から結果説明が行われます。検査画像が入ったCD-Rが手渡される場合もあります。

東日本の脳ドックの施設の費用相場

脳ドックは通常では見ることの不可能な脳の内部を傷つけることなく見ることができると言う検査のことを意味する言葉です。全国的に実施されている検査ではありますが、東日本と西日本ではその組み合わせに若干の差があります。しかしどちらの地域でも実施している検査としては脳MRIと呼ばれる脳の内部の断層撮影と、脳MRAと呼ばれる脳内を走る血管を描出する検査の二種類が存在しています。
西日本においてはこれらの検査に様々なものをセットで行うことが多いため、その組み合わせによって値段はまちまちです。しかし相場としては三万円前後が最も多いと言えるでしょう。一方東日本でも病院ごとの差はあるものの、似たような状況にあります。シンプルに脳MRIとMRAだけの脳ドックの場合には2万円台での実施を行っているケースもあります。競争が加速している都市部においては良質なサービスが格安で受けることができるようになってきているのです。

東日本で脳ドックを予約するならMRSOにお任せ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)