有楽町駅周辺の脳ドックの施設について


おとわ内科・脳神経外科クリニックの脳ドック検査項目をご紹介

東京の有楽町駅野近くにある「おとわ内科・脳神経外科クリニック」では、患者さんのために定期的に脳ドックを行っています。脳ドックの主な内容は、頭部CT検査を行います。この検査では、患者さんの頭部をX線撮影して、頭蓋骨の中の脳や血管の状態を5mm間隔の輪切りの画像をみて検査する方法です。頭部を詳しくスキャニングできるので、脳出血、脳梗塞、くも膜下出血などの脳血管疾患や脳腫瘍などの疾患を事前に察知することができます。または、くも膜下出血の原因となる動脈瘤の発見、脳の先天性の病気を詳しく調べることもできます。検査には、脳神経外科学会認定の専門医がきちんと行ってくれます。ですから、より専門的な検査結果を得ることができます。
頭部CT検査で、もしも異常があった場合は、必要に応じて頭部MRI検査や頭部血管造影検査などを受けることになります。詳しい診断結果がわかったら、お医者さんの治療方針に従って治療を受けることになります。

メディカルスキャニング銀座の脳ドック検査項目をご紹介

東京メトロの銀座駅から徒歩2分のメディカルスキャニング銀座に脳ドック検診を受けに来る人も増えています。有楽町駅からもこの病院に通うには近いです。高齢化社会となり、長生きを意識し始めた男性が、がん検診とともに脳ドックも一緒に受診するケースもあります。このメディカルスキャニング銀座にはいくつかの検査コースがあり、自分が気になる病気などの事情を踏まえてコース選択をすればよいです。分からなければ病院のスタッフが気軽に相談に応じてくれますので、一度きちんと自分の体をケアすることを検討されると良いです。検査コースの一つとして、3テスラMRIを用いた全身のがん検査というコースがあり、このコースでは3テスラMRIを使用した脳と全身の画像撮影、128列マルチスライスCTを用いた肺がん検査を行ってくれます。検査は、最大3時間程度で終了します。月に2万件の実績がある専門医のチームがしっかりと検査、診断してくれるので、信頼できます。